櫻井夫人の決意

  • HOME »
  • 櫻井夫人の決意

「自分には深い悩みがある。」

6年前、故櫻井設雄第5代日本統一神霊協会会長がご聖和される前、
妻の節子夫人に遺言のように語られた言葉です。

「日本統一教会に対する悩みだ。今のような状況で、あとどれくらい持つだろう。
1年、2年、3年、4年、、、大変心配している。」

・・・

2016年11月30日、櫻井節子夫人は
「統一家族としての悔い改めと真の家庭に対する祈り-対立と分裂の時代を越えて-」
と題し、祝福家庭に宛てて書簡を出されました。

その書簡は膨大な文量でしたが、決して誰かを非難したり、裁いたりする思いから出た内容ではなく、
まず櫻井夫人御自身が悔い改める思いが一行一行綴られたものでした。

これは大きな反響を呼びました。

様々に分裂している統一家の現状を心から憂い、真の家庭や他の人を批判する前に、
カインの子女として、アベルの子女と一つになる責任分担を祝福家庭が果たしていないことを切実に訴えられました。
そして、7年間統一家全体から、どんなに迫害されても、真の家庭を守るために沈黙され、
神様のみ旨を成すために歩まれ続けた顯進様の言動を改めて顧みてみてはどうかと真摯に呼びかけられました。

櫻井夫人が祝福家庭の皆様に宛てた最初の書簡を読む

(0)ご挨拶
(1)神様の願いは真の家庭の実現
(2)カインの子女とアベルの子女
(3)顕進様に見る真実
(4)真のお母様の位相
(5)統一運動の未来と可能性
(6)私たちが果たすべき使命
(7)最後に

 

最初の書簡を出された後の2017年1月、櫻井夫人は韓国で行われた真の神の日の名節に参加されました。

この式典は顯進様が主管されたものだったため、日本のUC本部からは参加の自粛を促されました。
それにも関わらず、どうしてご夫人はこの式典に参加されたのでしょうか。

第2の書簡の冒頭部分には、
「何が正しく、何が誤りかは、真理と神霊によって、
御言と祈りによって謙遜に尋ね求めることが大切なのではないでしょうか。」
という一節があります。
8年前の顯進様を見たといって止められる理由はどれも一方的な内容で、
今の顯進様の姿を生で直接見て語っているものではありませんでした。
そして、「行かなければ何も分らない」し、祈る中で「行け!」と強く押し出されたと書かれています。

そのように神に祈りながら参加した真の神の日に櫻井夫人が見た顯進様はどのようなお姿であられたのでしょうか。

2017年4月8日に出された2番目の書簡にはご夫人が魂で感じ取られた内容が真摯に綴られています。

櫻井夫人が祝福家庭に宛てられた第2の書簡を読む

(0)ご挨拶
(1)最初の書簡
(2)UCI行事に参加するまで
(3)韓国で見た顯進様の姿
(4)フィリピン大会で感じた希望
(5)神山先生の聖和式と追慕礼拝
(6)最後に

 

2017年5月23日、尾瀬霊園に御子息の櫻井正実氏と共に訪れ、祈祷を捧げられました。

そして、その2日後の25日。
FPAの集会で、ついにご自身の思いを公の場で打ち明けられました。

「私には特別誇るべき実績とか自慢すべき内容など何一つありません。
しかし、強いて言うならば、私はこの教会に入教したことを一度も後悔したことがない。
また教会から出て行こうと思ったこともありませんでした。」

櫻井夫人には、統一家族に対する深い愛があり、たとえ多くの問題を抱えていたとしても、
教会に対する誇りと責任心情がありました。
そのような櫻井夫人が一体なぜ、文顯進会長率いるFPA(家庭平和協会)に入会され、家庭連合と袂を分けられたのでしょうか。
その真意が何か、一度耳を傾けられ、真剣に考えていただければと思います。

 

祈り

 

 

2017年5月25日櫻井節子夫人の信仰告白

動画全編をご覧になりたい方は、下のフォームからメルマガにご登録ください。

 

メルマガ登録フォーム
下の情報を入力するだけで、櫻井節子夫人のフル動画が数回に分けて配信されるメルマガに無料登録することができます。
・メルマガ登録情報はFPA Japanが管理します。

・FPA Japanでは、送ってくださった個人情報の保護・管理に努め、第三者に提供または開示いたしません。
・櫻井夫人の語られた内容、FPAや顯進様の真実などの関連情報の伝達という目的の範囲内で個人情報を扱います。



メルマガ登録フォーム
お名前(姓名)  *  (例)山田 太郎
Eメール  *
祝福双  777、1800、二世400双、未婚一世

メルマガ登録者特典のお知らせ!
上記メルマガ登録を済ませ動画を見た感想文を送ってくださった方には下記ファイルをプレゼント致します。

真の父母様との想い出

櫻井節子夫人が真のお父様、真のお母様との個人的な想い出を書き綴った小冊子づくりを始めていく予定です。完成したら特典としてPDFでお送りします。

真実追求の果てにたどり着いた結論ー私の信じる顯進様に関する真実ー

櫻井家庭の次男、櫻井正実さんが書いた「顯進様の真実」に関する小冊子をPDFでお送りします

PAGETOP
Copyright © 櫻井節子後援会 Powered by FPA Japan All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.